幼稚園ブログ

2019.11.02

こどもアトリエから 「ハロウィン」

運動会が終わり、海がひと段落したある日、割りばしを組み合わせた土台に、毛糸を規則的に絡ませる「タペストリー」を、ワークショップに出してみました。「ちょっとむずかしい・・??」と言いながらも、真剣にチャレンジした子どもたちでしたが、段々に要領が分かりマスターすると、配色を考えたり、大きさを調整したりと工夫を楽しみ始めました(#^.^#)

数日後・・・「あ!これ 蜘蛛の巣に似てるね」と気づいた年長さん。ちょうどハロウィンが近づいたこともあって、「蜘蛛の巣タペストリー」と命名して、アトリエに飾るとなんだかいい感じ~

ペットボトルを飾り付けて、キラキラの指輪にもチャレンジしました~♡

ハロウィンは魔女たちのお祭り?妖精さんも来るのかな?不思議な不思議な想像の世界に夢を拡げて、妖精さんの住む世界を描いてみました。ミニイーゼルにスケッチブックを立てかけて、妖精のイラストをぺたり。キラキラな特別な絵の具で優しく描いてみよう・・あら?なんて素敵な画家さんたち

お天気がとってもいい日だったので、外に出して・・・

ハロウィンまであと3日のある日、ずっとずっと「キャンドルが作りたーい」と言っていたAちゃんの要望で、考えた末作ったのが、こちら ↓

「ハロウィン*ランタン」!!

作り方は運動会の「ガーランド」と同じ。好きな絵を選んで、組み合わせて色を塗って・・ ペットボトルの土台にくるりと貼ります。できれば本物のろうそくを入れたかったのだけれど、実験の結果、溶けてしまう可能性もあることを発見! 画用紙とキラキラテープの炎で作りました(光にかざすと十分綺麗です)

「ランタン持って「お化けマンション」へ探険ーー!」自分で作ったランタンを手に、誘い合ってスタジオで出かけていく子どもたち。そのままスタジオで、ペープサートで遊んでいました。

アトリエのガラス窓には、大きな大きな「ジャック・オー・ランタン」の登場!年中さんたちが描いたオレンジ色のかぼちゃに、年長のR君が見事な顔を・・!!「せんせ!がいこつ描いていい?」「もちろんよ♡」

なかよしキッズ、幼稚園でのハロウィンが終わった翌日・・ 最後のなごりを惜しむように楽しんだのは、飾り付けで使ったハロウィンイラストを使った「絵描きさんごっこ」(^o^)丿 楽しかったね~  今度は何が始まるかな?

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

学校法人巨渓学園 普慈幼稚園
〒992-0023 山形県米沢市下花沢3丁目4-30
TEL:0238-21-0212 / FAX:0238-23-4957
→ 地図で場所を確認する

お問い合わせフォームはこちら

プライバシーポリシー